低価格の三層構造フィルター不織布マスク

金持ち父さん貧乏父さんの要約、ラットレースから抜け出す為に

学習

金持ち父さん貧乏父さんの本は世界中で数千万部が売れた有名な本なので、読んだことがある人も多いかも知れませんね。本に書かれている事は読んでいる時は理解していても時間が経つにつれて忘れていくものです。金持ち父さん貧乏父さんを読んで本当にラットレースから抜け出すためには・・・。

金持ち父さん貧乏父さんの要約(資産・負債)

『資産』なのか『負債』なのかと言う考え方

本の中では物を買う時に『資産』なのか『負債』なのかを考える場面が出てきます。

私の場合は、この本を読む前は『家(マイホーム)』は資産だと思っていました。

しかし、本書の中では『家(マイホーム)』は負債だと言っています。

私自身、本の内容に納得したので心に焼き付いたフレーズになり、この本を読んでから10年以上後に家を購入した時に考える事ができたので非常に為になったと思っています。

本は読み手で変わると思いますが、私はこの本で『家を買ってはいけない』と言っていないと解釈しています。

ただ、自分が住む家は利益をうまないので負債になる事は理解しているつもりです。

結婚を機に住宅購入の検討を始め、私が考えた事は・・・。
・住む家は必要である。
・住む家は『買う』か『借りるか』の2択である。

住宅の条件は、
・私が自営業で家で仕事をする。
・嫁も自営業で家で仕事をする。
この条件になるとどうしても部屋数が必要になります。

マンションや戸建を借りると、月に10万以上はするので、最終的には、中古の戸建てにしました。

家は負債であるという考えが強く残っていたので、新築物件は選びませんでした。
同級生からは新築を買ったっと言う話も聞きましたが、値段は約2倍です。

人それぞれの考え方があると思いますが、負債は少ない方がいいですよね?
私の家のローンは賃貸にした場合より安いので毎月の負担は楽です。

ラットレースから抜け出すためには負債は小さくしておく必要がありますよね?

金持ち父さん貧乏父さんの本は住宅の買い方を説明した本ではありませんが将来ラットレースから抜け出すためにはどのような考え方をすれば良いかを教えてくれる本です。

 

ラットレースとは(Wikipediaより)

働いても、働いても、一向に資産が貯まらない状態のことである。
働いても、働いても、一向に資産が貯まらない様子が、回し車の中で、クルクル回っているネズミに似ていることから定義されている

 

 

金持ち父さん貧乏父さんの要約(クワドラント)

4つのクワドラント(E・S・B・I)

この本で何度も説明しているのが4つのクワドラントです。
読んだことがある人は覚えている人が多いのではないでしょうか?

E(従業員)
S(自営業)
B(ビジネスオーナー)
I(投資家)

金持ち父さんはラットレースから抜け出すには『B』,『I』になる事が金持ちになるための近道だと説明しています。

簡単に要約すると
・従業員や自営業は自分が働くので時間と収入が比例する。
・ビジネスオーナーの場合は、雇用人数を増やせば会社の収益は増やす事が可能。
・投資家はお金を投資するので実際には自分は働かない。

したがって、従業員や自営業は『自分が働く』ので、ラットレースから抜け出しにくい事になります。
逆に、ビジネスオーナーや、投資家は『働いてもらう』のでラットレースから抜け出しやすくなる事になります。

本書のなかでは『投資家』として不動産投資をする様子が記載されてるので、実際に不動産投資を行った方もおられるかも知れませんが実際に不動産投資となると、ある程度お金が必要になるので、貯金やローンが組める人でないとできません。

ちなみに、投資にはたくさん種類があります。
・不動産
・太陽光発電
・株/FX
・貸倉庫
・仮想通貨

この本が発売されたころは、仮想通貨や太陽光発電への投資はなかったので、考え方を学び応用していく事が重要だと思います。

また本書の中では、

『ラットレースから抜け出すためにはお金に働いてもらう。』

と言うワードがあります。

考え方や、やり方よってはビジネスオーナーとして
・せどりや転売
・輸入商品を扱うビジネス
は出来るかも知れません。

ただ、これらに共通するのはリスクが大きいと言えるのではないでしょうか?

ラットレースから抜け出す為に

『ビジネスオーナー』や『投資家』にはなるのは難しそうですよね?
知識がない状態でスタートしてしまう事が一番のリスクだと思います。

やはり何をするにも勉強が必要で、まずは自分に投資ですよね。

費用対効果を考えると、YouTubeブログで収益を得る方法を取得する事がラットレースから抜け出すために最適だと思います。

不動産に投資をした場合、誰かが借りてくれた場合や買ってくれた場合、不動産は資産になります。もちろん誰も借りてくれなければ負債です。

YouTubeやブログも同様でアクセスがなければ、利益が発生しません。
しかし、投資したものは作成した時の時間だけですむのでリスクは小さいです。
アクセスがあればネット上にある資産となります。
アクセスが来るものが作れるように何度も練習できます。

資産

他の投資に比べれば最小限の投資で大きなリターンが見込める可能性があるのが最大の魅力です。さらにYouTubeやブログの技術は応用範囲が広いので、習得した技術は知的財産にもなります。

ラットレースから抜け出すために言えることは、何かしらの行動する必要がありますよね?

どんなに良い本を読んでも、どんなに良い方法を知っていても実行しなければ結果は出ません。

また、インターネットの情報は古い情報も混じっているので常に最新の情報を探す手間がかかります。

詳しく学びたい人は初心者向けビジネススクールへどうぞ!
このビジネススクールは時代に合わせて最新の技術が学べます。
→7つの無料特典受け取りページへアクセスする

 

タイトルとURLをコピーしました