低価格の三層構造フィルター不織布マスク

関西在住なので関西電力と他の電力会社を比較してみた。

生活

関西に住んでおり、電力会社は関西電力と契約しています。他の電力会社にすれば安くなるのかも知れませんが、手続きが面倒なのでずっと後回しにしていました。本当に安くなるのか?他の電力会社と比較検討してみます。

スポンサードリンク

電力会社の比較は楽な方法がある

実は以前にこんな記事を書いてます。

電気料金を【でんくまくん】で徹底的に見直す!

このサイトを見た時はすぐに申し込んだのですが、人気があったのか返信がなかったので結局そのまま放置してしまいました。

もしあの時レスポンスがあれば今苦労していなかったかも知れませんね・・・。

 

スポンサードリンク

比較の元は関西電力の料金体系

現在関西電力の従量電灯Aで契約しています。
おそらく一般家庭ならこの契約が多いのではないでしょうか?

関西電力の料金はこのような計算になります。

引用:https://kepco.jp/ryokin/shikumi/breakdowns

 

料金単価はこちら引用:https://kepco.jp/ryokin/shikumi/breakdowns

電気料金の計算はややこしいので、料金単価を元に他の電力会社との比較を行います。

 

スポンサードリンク

大阪ガスの電気と関西電力の比較

大阪ガスのA-Gプラントは、ガスと電気の両方を大阪ガスで契約した場合のプランで、その場合の電気料金は下記のようになります。

引用:http://home.osakagas.co.jp/electricity/price/index.html

最低料金の比較では55円大阪ガスが安いです。

関西電力 334.82
大阪ガス 279.82

 

15kWh-120kWhの単価比較では同じ金額です。

関西電力 19.95
大阪ガス 19.95

 

15kWh-300kWh(350kWh)の単価比較では0.88円大阪ガスが安いです。

関西電力 25.33
大阪ガス 24.45
(大阪ガスは350kWhまでとなっています)

 

300kWh(350kWh)以上の単価比較では1.43円大阪ガスが安いです。

関西電力 28.76
大阪ガス 27.33

 

大阪ガス電気のみを契約する場合の料金表はこちら

引用:http://home.osakagas.co.jp/electricity/price/index.html

大阪ガス電気の場合電気の契約だけでも関西電力より安いみたいですね。

 

ちなみに、大阪ガス電気にはアマゾンプライムがついたプランがあります。
料金表はこちら

引用:http://home.osakagas.co.jp/electricity/price/index.html

こちらのプランではアマゾンプライムの分だけ得??な感じのプランです。

比較より、関西電力より大阪ガスの方が電気代が安くなる事がわかりました。

 

ピタでんと関西電力の比較

ネット検索でよく見かけるのがピタでんなので、関西電力の料金と比較してみます。

ピタでんの料金体系はこちら

引用:https://pitaden.jp/lp01/index.html#plan

 

わかりやすい電気料金ですね。

関西電力との比較なので、単価21.20で計算します。

15kWh
関西電力 334.82円
ピタでん 318円 

120kWh
関西電力 2,429.57円 
ピタでん 2,544円

300kWh
関西電力 6,988.97円
ピタでん 6,360円 

500kWh
関西電力 12,740.97円
ピタでん 10,600円 

基本的にはピタでんの方が安い事がわかります。
300kWh以上使用する場合はかなりコストに開きが出てきます。

※ピタでんは1年以内の解約で2千円の費用が発生します。

 

あしたでんきの料金体系

こちらもネット検索で見かけるのですがピタでんより単価が0.3円高いです。比較計算は割愛させて頂きます・・・。

あしたでんきの料金体系はこちら

引用:https://ashita-denki.jp/aboutus/#kansai

あしたでんきは解約金なしです。

 

楽天でんきの料金体系

楽天は知名度が高いの人気です。

関西エリアの単価は22円なのですが、ポイントが付与されます。
あしたでんきと同様に計算は割愛させて頂きます。

引用:https://energy.rakuten.co.jp/electricity/fee/

楽天でんきは解約金なしです。

 

Loopでんきの料金体系

Loopでんきも知名度がありますね。

関西エリアの単価は22円なので楽天でんきと同じです。
こちらも計算は割愛させて頂きます。

Loopでんきは解約金なしです。

 

電気料金の比較結果

利用量毎の電力料金の比較計算をしてました。

15kWh
関西電力   334.82円
大阪ガス   279.82円
ピタでん   318円
あしたでんき 322.5円
楽天でんき  330円
Loopでんき  330円

120kWh
関西電力   2,429.57円
大阪ガス   2,374.57円
ピタでん   2,544円
あしたでんき 2,580円
楽天でんき  2,640円
Loopでんき  2,640円

300kWh
関西電力   6,988.97円
大阪ガス   6,775.57円
ピタでん   6,360円
あしたでんき 6,450円
楽天でんき  6,600円
Loopでんき  6,600円

500kWh
関西電力   1,2740.97円
大阪ガス   1,2097.57円
ピタでん   1,0600円
あしたでんき 1,0750円
楽天でんき  1,1000円
Loopでんき  1,1000円

どれだけ1カ月で電気を利用するかによって最安値の会社が変わることが分かりました。

今回の計算は単価を元にした比較計算ですが、120kWhまでなら、大阪ガスが一番安い結果となりました。

また、300kWh以上になるとピタでんが最安値なのですが、検索すると行政指導や業務改善命令などの記事がありましたので、私はピタでんの検討は見送ろうかと思います。

電力使用量にもよりますが、300kWhくらいであれば、あしたでんき、楽天でんき、Loopでんきは大差がありません。

各々キャンペーンなどをしていれば、その内容で選んでもいいかも知れませんね。

私はポイントを考慮すると、楽天でんきが得な感じがするので楽天でんきにしようと思います。

 

楽天でんきに契約申し込みをしました

せっかく比較検討したのですから、契約しないと意味がないですよね?

申込み方法は楽天のアカウントを持っていたこともあり非常に簡単で、電気料金の検針票があれば数分で申し込みができました。

楽天でんきのサイトからから、
『楽天でんきの申し込みはこちら』をクリック

検針票を用意してくださいのメッセージが出るので、
検針票を用意して『お申し込みはこちら』をクリック

楽天のログイン画面が表示されるので
楽天IDでログイン

その後、検針票の内容を入力します。

電気料金の支払方法は楽天に登録されているカードが選べます。

たったこれだけで手続き完了です。

後はいつから開始されるのか連絡待ちです。



申込みで2000ポイントもらえるキャンペーンをしてました。

楽天でんきは解約料も発生しないので安心です。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました