低価格の三層構造フィルター不織布マスク

M1グランプリ2018上沼恵美子のコメント

芸能

M1グランプリ2018はなんとも後味が悪い結果となってしまいましたね。審査する方も漫才する方ももうちょっと大人な対応ができていれば視聴者はもっと楽しめたかも知れませんね。上沼恵美子の心の声が地上波で流れてしまった感がありますね・・・

スポンサードリンク

審査員としては言ってはいけないコメント

問題とされる上沼恵美子のコメントは敗者復活のコメントで

『ミキ』が来てほしい

とコメント。
※ミキは吉本興業のコンビで実の兄弟で結成されています。

やはり審査員は公平を保つべきなので、贔屓しているようにとらわれる発言は避けなくてはなりませんよね。

M1グランプリは芸人達も本気で栄誉ある賞をとるために頑張っているのですから・・・。

さらに敗者復活で高得点を付けた事で余計に贔屓しているようにとらわれたのかも知れませんね。

ただ、この評価に関しては賛否両論あるようですね。

人には好みがありますからね。料理と一緒ですよね~。同じ料理でもおいしいと思う人とそうでない人色々です。

問題とされる上記の『発言』がなければ・・・(心の声が大きすぎた??)
上沼恵美子のコメントは特に問題ないとの意見も多いようです。

スポンサードリンク

M1グランプリ2018の感想

M-1グランプリ2018を見ていて思ったのですが、最近のネタは決められた時間内に想定したものを入れようと詰め込んで、ネタじたいを焦っているような感じを受けてしようがありません。

結構お笑いが好きなのですが、審査員に関して言えば、上沼恵美子さんの意見が最も的を得ているなぁ。と感じました。

番組後、とろサーモンの久保田氏やスーパーマラドーナの武智氏とのいざこざがあったようですが、僕はお二方とも面白いと思いますが、人生の先輩であり、漫才の先輩でもある上沼氏に意見するというのはいかがなものかとも思います。

漫才自体はどの方もよく練られていて洗練されたものだったと思います。
ただ、底抜けに明るい、バカらしさという面においてはどのかたたちにも少し爆発力に欠けるところが今回はやや見受けられたように思います。

M1グランプリ2018の結果

引用:https://www.m-1gp.com/
(M1グランプリ公式サイト)

 

数十年前まで他人の顔色をうかがい自分の言葉がウけるかどうかをうかがっているようなそぶりばかりが目立っていた今田浩司氏などは最近そういうそぶりは全く見受けられなくなり、しっかりした司会業をこなしていらっしゃいます。

自信のある実力をつけられたのだなぁ。と感心しますよね。

同じく司会業が多い上田晋也氏は少しキツめの表現の言葉で出演者をイジっても嫌われないあの方の徳がにじみ出ていると感じます。
そういう意味においては明石家さんま氏もそうですよね。

だから、あの年になるまで若い時と変わらず、芸能界という荒波を漕いでいけるのだと思います。プライベートでもご自分の出演された番組を欠かさずチェックしてその笑いの向上を研究されているみたいです。そういう表に出ない努力が現在の地位を築き上げているのは言うまでもありませんね。

お笑い界での絶対的な地位を誇っている北野たけし氏はまさに天才。そして、恥ずかしがり屋なんだな。とかわいい面さえあるくらいです。コメンテーターとしては対象者を鋭く切り再体験の一方でその他の意見はお茶らけているとそのちぐはぐさで、コチラをけむに巻くようなその正体はつかみどころはありません。

個人的な話になりますが、ダウンタウンの2人は両方とも天才の域だと思います。浜田政功氏はツッコミの天才であると言えますよね。そしてエグいほどの痛烈な言葉で相手をこき下ろし、松本人志氏は突拍子もないほどのボケ炸裂させる。まさに天才と天才のコラボレーションそれこそがダウンタウンだと思います。

その才能を芸能界という大海に出る前に予見していた人物が、今は引退してしまいましたが、島田紳介氏です。この炯眼(けいがん)に感服します。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました