低価格の三層構造フィルター不織布マスク

PayPay(ペイペイ)のセキュリティが甘かったので不正利用が発生

PayPay(ペイペイ)

PayPay(ペイペイ)不正利用の犯罪がニュースで報道されました。運営会社も実際にセキュリティが甘かったとの認識ですでに対策済みとの事ですが、今後キャッシュレス社会になって行く事が予想されますが課題もありそうです。

スポンサードリンク

PayPay(ペイペイ)で不正利用された原因

すでに対策済みとなっていますが、ペイペイでクレジットカードを登録する際に『カード番号を手当たり次第に入力できた』事が大きな原因です。

通常ですと、数回間違えるとロックがかかり操作ができないようにするのが一般的ですが、何度も入力できたみたいです。

さすがに利用者もこのようになセキュリティーなんて気づきませんよね?
(登録する時に何度も間違えた人はアレ?って思ったかも知れませんが・・・。)

今回の不正利用はカード会社またはペイペイ株式会社から補償されると思いますが、今後キャッシュレス社会になるにつれて不安感を与える結果となりましたね。

ちなみにPayPay株式会社はソフトバンクとヤフーの共同出資して、電子マネー(キャッシュレス決済)事業に参入した会社です。

この報道はヤフーニュースでも取り上げられていたので、なかなか潔いですよね。

今回の不正利用では運営会社からの情報漏えいではないとの事です。

スポンサードリンク

PayPay(ペイペイ)で不正利用されない対策はあったのか?

今回の不正利用の原因はクレジットカードの番号やセキュリティーコードを何度間違えても登録できた為です。

という事は、不正利用された人はPayPayを使ってなかったかも知れませんよね?

クレジットカードを持っているだけで身に覚えのない請求がきたりする時代になったという事です。

別に持ち歩いていなくても、家においているだけでも危険という事になりますよね?

今後給与の支払いも電子マネーになる可能性があるため、キャッシュレス決済(電子マネー)に参入する会社も増えると思いますが、セキュリティーはしっかりして欲しいですね。

どこかの機関がチェックするような体制をとっていかないと、安心して使えませんし、そもそも後払いを嫌う人や現金主義の人が多いのは国民性なのかも知れませんね。

スポンサードリンク

PayPay(ペイペイ)以外で不正利用された事件

お隣の中国ではQRコード決済が一気に普及し今では4億人以上のユーザーがおり、150兆円以上使用されているとの事です。

何度か中国に行ったっことがあるのですが、『偽札』が多かったみたいなのでQRコード決済が普及した理由の一つかなと思っています。

また、中国のお金はコインもありますが基本は紙幣です。
自動販売機には何度入れてもなかなか読み込んでもらえません。
紙幣が使いにくかったのもQRコード決済が便利で普及した要因かも知れませんね。

QRコード決済ではQRコードを読み取るのですが、読み取るQRコードを貼り換えたと言う事件がありました。

自動販売機のコインの投入口に別の投入口を設けるようなものですが。

ハイテクなのに意外とこういう単純な事件が発生しています。

ちなみにこういう事件はいずれ捕まると思います。
犯人はよほどシステムに詳しい人なのかも知れませんが、銀行でお金を降ろすか振り込むかをしないと現金化できませんし、データの履歴が残ると思うのですが・・・。

とにかくセキュリティーはどんどん強化して欲しいですね。

電子決済で不正利用されないためには

スマホを利用する場合は、まずスマホのセキュリティーが必要ですよね。
顔認証や指紋認証とかの機能があれば比較的安心できるかと思います。

パスワード設定など、何かしらのロックをおいた方がいいです。

しかしセキュリティーに完璧はないのでお忘れなく!

その他には、決済前には相手の情報がスマホに表示されることが多いので、名称を確認することもおススメします。

電子決済はスマホ以外にもカードタイプの楽天EdyとかWAONとかがありますよね?
スマホやパソコンと連動させて残高を見れるようにしておかないと減っていても気づきませんよね・・・。

キャッシュレス社会になる事は時代の流れなのかも知れないので、いつまでも使わないで通せるかは不明です。

すでに電子決済オンリーのお店もありますから。。。

セキュリティーの向上は技術者に任せるとして、ユーザーも慣れていく必要がありそうですね。

今後の予想としては、ペイペイのように新規参入してくる会社が増加するのではないかと思います。キャンペーンを開催して一気に利用者数を増やす企業戦略は十分に考えられますよね?
上手に情報収集すれば節約やお得に買い物できるかも知れませんので電子マネーの使い方には慣れて行った方が良いかも知れませんね?

→ 第2弾のペイペイキャンペーンの情報はこちら

→ PayPay(ペイペイ)が使える店と使えるお店の検索方法

→ PayPayの登録方法はこちら

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました