低価格の三層構造フィルター不織布マスク

ふるさと納税からamazonギフト券がなくなる

生活

ふるさと納税でアマゾンギフト券を返礼品としている自治体は全国で30カ所以上あることがわかり2018年12月末の時点で総務省は地場産品にあたらないとの理由で取りやめを促しています。取りやめない場合はふるさと納税の制度から外されるため、2019年にはアマゾンギフト券がふるさと納税から消滅する事が予想されます。

 

スポンサードリンク

ふるさと納税でamazonギフト券がなくなるのはいつ?

2018年末の時点では、すでにいつなくなってもおかしくない状態です。

ふるさと納税には地場産品を使う必要があり、この通知に反した場合、2019年6月以降制度の対象から外されしまいます。

また、寄付をしても税金の優遇措置を受けられないため2019年6月以降は間違いなくふるさと納税からamazonギフト券がなくなります。

すでに通知が出ている以上、いつなくなってもおかしくない状況となっています。

スポンサードリンク

ふるさと納税の返礼品をめぐる争いは激化している

節税につながるため、ふるさと納税をしている人も多いかと思いますが、返礼品をめぐる争いは各自治体で激化しています。

自治体からすれば、ふるさと納税をしてもらえれば財政が潤いますが名産品がない地域はかなり不利と言えるでしょう。

アマゾンギフト券などは苦肉の策だったのかも知れません。

企業誘致となるとそれなりに場所や時間、お金もかかるので悩ましい問題だと思います。

アマゾンギフト券を返礼品としている自治体は30以上あり、それ以外には通知を守っていない自治体は80以上あるのが実情です。

2019年以降は返礼品のラインナップが変わるかも知れませんね。

 

こんな記事も読まれています

金持ち父さん貧乏父さんの要約、ラットレースから抜け出す為に

PayPay(ペイペイ)のキャンペーン情報!

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました