低価格の三層構造フィルター不織布マスク

kyashの上限金額は1日・1回・1月?上限額を超えたらどうなる?

kyashの上限金額は1日・1回・1月?上限額を超えたらどうなる?kyash

最近、話題となっているkyashですが、使い方によっては金額の上限が変わってきてしまい、決済できず困惑する方もいらっしゃるようです。

kyashの種類や本人認証により、1日、1回、1ヶ月と上限金額が異なっており、さらには、kyash自体にも有効期限や利用金額が決まっているとのことです。

それぞれどのような条件があるのか、確認することで、自分に合ったkyashの使い道を探してみましょう。

スポンサードリンク

kyashの上限金額は1日・1回・1月?

kyashは、オンライン専用で利用するバーチャルカード(kyash)と、オンラインと実店舗で共有して利用するリアルカード(kyash visaカード)の2種類となっています。

いずれも、専用のアプリ(スマートフォン、iphone)を使うことになりますが、バーチャルカードカードレスでアプリのみリアルカードは数週間後に届くプラスチックカードとアプリの組み合わせとなります。

kyashのアカウントは、1人につき1つとなっていますので、バーチャルカードのみ申請した方は、そのまま利用できますが、リアルカードを申請した方は、アプリ上でリアルカードの有効化を設定する必要があります。

 

本人認証ついては、VISA、Mastercardなどの国際ブランドが推奨する3Dセキュアを採用しており、クレジット決済時に3Dセキュアを設定することで、強固なセキュリティーが約束されることから、高額な買い物でも安心することができます。

kyashでは、バーチャルカードのみ3Dセキュアを設定することができ、リアルカードの現状では対応されていません。

Kyash Visaカードは本人認証サービス(3Dセキュア)に対応していますか

恐れ入りますが、Kyash Visaカードの3Dセキュア(本人認証サービス)対応については未対応となっております。

何卒ご了承下さい。

引用

Kyash Visaカードは本人認証サービス(3Dセキュア)に対応していますか
恐れ入りますが、Kyash Visaカードの3Dセキュア(本人認証サービス)対応については未対応となっております。 何卒ご了承下さい。

以上のことから、バーチャルカードとリアルカード、個人認証(3Dセキュア)の組み合わせにより、kyashの上限金額が異なってくることになります。

kyashの支払い上限

<オンライン決済>
バーチャルカード
個人認証無し
1日あたり5千円
1回あたり5千円
1月あたり2万円個人認証有り
1日あたり3万円
1回あたり3万円
1月あたり12万円

リアルカード
1日あたり5万円
1回あたり5万円
1月あたり12万円

<実店舗決済(直接利用)>
リアルカード
1日あたり5万円
1回あたり5万円
1月あたり12万円

バーチャルカードは、個人認証を設定できることから、利用金額が大きくなることが分かります。

一方、リアルカードでは、実店舗での利用を目的としているため、バーチャルカードにはない利用方法が存在します。

なお、違う観点から捉えると、kyashは他のキャッシュレス決済と組み合わせることができます。

クレジットカード属性を活かして、例えばQRコード決済サービスのクレジット決済方法へ登録することで、バーチャルカードでも間接的に実店舗で利用することが可能となります。

参考
PayPay(ペイペイ)でkyash(キャッシュ)を利用すればお得なの?

 

<実店舗決済(間接利用:QRコード決済など)>
バーチャルカード

個人認証無し
1日あたり5千円
1回あたり5千円
1月あたり2万円個人認証有り
1日あたり3万円
1回あたり3万円
1月あたり12万円

リアルカード
1日あたり5万円
1回あたり5万円
1月あたり12万円

実店舗で使用することになっても、間接的にオンライン上でクレジット決済することになりますので、条件はオンライン決済と同じとなります。

kyashの送金上限

kyashのもう一つの使い道に、kyashアカウントを持つ人同士で送金をおこなうことができます。

家族や友人へのプレゼント、一緒に食事をした人との割り勘などで役立つことでしょう。

しかしながら、こちらに関しても上限が設けられています。

バーチャルカード
個人認証無し
1回あたり5千円
1月あたり1万円個人認証有り
1回あたり10万円
1月あたり10万円

リアルカード
1回あたり10万円
1月あたり10万円

高額な金額を送金するためには、個人認証するか、リアルカードを登録することが必要となっています。

逆に言えば、あまり送金を使わない方であれば、バーチャルカードで個人認証しない形にしたおいた方が安全と言えるでしょう。

また、送金できる人数も制限があり、1回あたりに送金できる人数は1人まで、請求できる人数は10人までとなっています。

kyash 利用金額の上限額

kyashへチャージできる残高の保有限度額は1,000万円までとなっており、これ以上のお金をチャージすることはできません。

なお、残高に関する有効期限は無制限となっています。

また、バーチャルカードはアプリ内で管理されているため、制限がかかっているのは保有限度額しかありませんが、リアルカードに関しては、利用年数や利用金額にも制限がかかっています。

リアルカード
有効期限:5年
利用限度額:100万円

つまり、リアルカードは5年更新で、その間に使える金額は100万円までとなっており、1年換算で毎年20万円ずつしか利用できない計算となっています。

では、5年を待たずして100万円を使い切ってしまった場合、どうすればよいのか、次章で確認することにしましょう。

スポンサードリンク

kyashの上限額を超えたらどうなる?

利用年数が5年を過ぎてしまった場合、5年未満で100万円を使い切ってしまった場合、たとえkyashへ残高があったとしても、いずれもリアルカードによる決済はできなくなってしまいます。

有効期限を過ぎてしまった場合は、kyashから新たなリアルカードが送られてきますので、こちらのリアルカードをアプリで認証して有効化すれば使えるようになります。

一方、利用限度額を超えてしまった場合は、自らリアルカードの再発行を申請しなければなりません。

手順は以下の通りとなります。
・利用限度額が近づくと、アプリ内からkyashを運営する会社より案内が届きます・有効期限を待たずして再発行したい場合は、リアルカード再発行の申請フォームから依頼します

・受け取り後、リアルカードをアプリで認証して有効化します

以上を持って、新しいリアルカードとkyash残高の引継ぎが完了することになります。

ただし、再発行は、申請からリアルカード到着まで1ヶ月くらいかかるようですので、kyashが使えなくなって困らないよう、小まめに利用限度額を確認が必要となります。

スポンサードリンク

kyashの上限金額まとめ

kyashの上限に関するまとめをしておきます。

kyashは2つのタイプがあり、アプリを使用してカードレスで決済できるバーチャルカード(kyash)と、アプリとプラスチックカードを併用して決済するリアルカード(kyash visaカード)が存在します。

支払い上限は、ベースで
・1日あたり5千円
・1回あたり5千円
・1月あたり2万円
となっていますが、バーチャルカードでは個人認証(3Dセキュア)を設定すれば、
・1日あたり3万円
・1回あたり3万円
・1月あたり12万円
まで引き上げることができます。

リアルカードの申請をすれば、さらに、
・1日あたり5万円
・1回あたり5万円
・1月あたり12万円
となります。

送金上限では、ベースで
・1回あたり5千円
・1月あたり1万円
となっていますが、バーチャルカードで個人認証(3Dセキュア)を設定もしくは、リアルカードの申請をすれば、
・1回あたり10万円
・1月あたり10万円
まで引き上げることができます。

kyashへチャージできる残高の保有限度額は1,000万円までとなっていますが、リアルカードには有効期限5年、利用限度額100万円までという制限があります。

5年を待たずして100万円を使い切ってしまった場合、アプリによる再発行を申請することができ、新たなリアルカードを有効化することで使えるようになります。

クレジットカードと同じように使えるkyashですが、その一方で、審査がなく誰でも利用できることもあり、使い過ぎに注意できる仕組みです。

バーチャルカードとして使用するのか、リアルカードとして使用するのか、どちらが自分に合っているのか、その利用方法を考えてから申し込むようにした方がよさそうです。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました